• ホーム
  • 検索順位を上げる為のSEO対策はどんなものがある?
公開履歴
最新の投稿

WEBサイト運営には開設してコンテンツを継続して公開する、動機と目的が存在します。直接的な目的には検索順位を上げるために最適化をはかることが必須の条件になります。

検索順位の最適化において枢要な対処法になるのが、SEO対策と呼ばれる一連の取り組みのことです。SEO対策を効果的に実践するには、Google検索アルゴリズムを理解することが必要不可欠です。Googleはインターネット検索ユーザーに頻繁に利用してもらうことで数多くのユーザーの目に留まることで、広告収入につなげています。つまり検索エンジンを活用することで有益な情報を取得することができた、と検索ユーザーに実感してもらうことが重要なポイントになります。有益な情報はすぐれたコンテンツを目にすることで、初めて取得することになります。

つまり高評価を受けるコンテンツを含むページを検索結果上位に表示すれば、ユーザーにとっても大きなメリットを享受できると判断することには合理性があると判断できます。そのためコンテンツSEOが重視されることになるのです。コンテンツSEOとは、検索ユーザーにとってメリットのあるコンテンツに心がけて、検索エンジンから高い評価を得ることを意味しています。

ところで検索ユーザーにページを訪問してもらうには検索結果に表示される、descriptionも大事です。descriptionタグはページの概要を記述したものです。descriptionをきっかけにサイトに訪問したユーザーの道案内になるように、グローバルナビゲーションの充実もはかる必要があります。グローバルナビゲーションを初めとした内部対策の充実は、ユーザビリティの上昇につながり満足度のアップも見込めるはずです。アンカーテキストを初めとした内部対策は、ユーザビリティを上げるだけでなくクローラーの巡回をサポートすることにつながるのでSEO対策上も有益です。

キーワード選定の点では、YMYLのジャンルは注意が必要です。お金や健康などに関連するキーワードについては、専門性・信頼性・権威性が重視されるので専門機関でもない限り効果的なSEO対策は難しいからです。

さらにモバイル端末の普及に伴い、URLの正規化やMFIも重視されるようになってきました。URLの正規化をはかることでコピペコンテンツの嫌疑を晴らすことができるだけでなく、MFIでモバイルからのトラフィックでもストレスなく検索することを実現するからです。

記事一覧
手の込んだSEO対策として中古ドメインに変える

WEBマーケティングやアフィリエイトを運営して、売上や問い合わせなどのコンバージョンを目的にしている場合検索順位上位表示は一つの至上命題です。新規ドメインでサイト運営を開始すると、開設当初の数週間から数ヶ月程度は、頻繁にコンテンツの更新に取り組んでいても、検索エンジンのクローラーに見つけてもらうこと

2019年05月24日
Googleサーチコンソールとアナリティクスを使い倒す!

WEBサイトを運営して、WEBマーケティングやアフィリエイトでコンバージョン獲得を目的に設定しているならGoogleが無料で提供しているアクセス解析ツール、GoogleアナリティクスやSearch Console(サーチコンソール)などをサイト開設当初から活用するのが得策です。Googleアナリティ

2019年06月25日
Googleペナルティの種類とチェック

検索順位は日々変動するものですが、ある日を境に急速に検索順位が下位に転落した場合はGoogleからペナルティを受けた可能性を想定する必要があります。Googleのペナルティには手動のものと自動のもの二種類が存在しています。手動と自動のそれぞれで原因や対策が異なるので、いきなり検索結果が急降下したりま

2019年07月12日