• ホーム
  • Googleサーチコンソールとアナリティクスを使い倒す!

Googleサーチコンソールとアナリティクスを使い倒す!

2019年06月25日

WEBサイトを運営して、WEBマーケティングやアフィリエイトでコンバージョン獲得を目的に設定しているならGoogleが無料で提供しているアクセス解析ツール、GoogleアナリティクスやSearch Console(サーチコンソール)などをサイト開設当初から活用するのが得策です。

Googleアナリティクスは無料で導入できて初心者でもアクセス解析を簡単に実践できるのがポイント。ホームページやブログなどでコンバージョン獲得を目指すなら、検索ユーザーの振る舞いや行動を分析することが有益です。アクセス解析を行うことで、コンテンツ内容などの最適化にもつながるので、ユーザーの行動の特性を把握するのが必要不可欠と言えます。Googleアナリティクスを活用することで、ユーザーの流入経路や滞在時間や離脱ページなども把握することが出来ます。つまりサイトへの訪問者数やサイト内部で閲覧したコンテンツ数・ランディングしたページからの直帰率や具体的な離脱ページなども外部からの流入経路も含めて、ユーザーの行動の概要を正確に把握することが可能です。例えば離脱ページが特定のページに集中しているようであれば、当該ページ内のコンテンツを見直したり削除するなど実践的なSEO対策をとることもサポートしてくれます。

Search Console(サーチコンソール)もGoogleが提供している無料のサイト解析ツールです。サーチコンソールを活用することで検索クエリごとのアクセス状況や、Googleのクローラーのインデックス状況の確認や被リンクの品質の確認や手動ペナルティの通知など、効果的なSEO対策を実践するための問題点などを明確にしてくれる機能を豊富に備えています。キーワード選定がSEO対策の出発点になりますが、サーチコンソールには検索クエリなどのアクセス数などもたちどころに明確にしてくれる機能を実装しているのです。検索順位とCTR(クリック率)には密接な関係があるとされています。検索順位上位になるほど、CTRの確率もアップするとされている訳です。例えば検索して2ページや3ページ目以降になると、検索ユーザーはほとんどクリックする行動にでることはないと考えられています。サーチコンソールを活用することで、検索クエリの適切性などの有力な判断材料を提供してくれるのでキーワード選定ツールなどとも併用しながら適正な検索ボリュームのキーワードを選ぶにも心強い味方になってくれるはずです。