• ホーム
  • 手の込んだSEO対策として中古ドメインに変える

手の込んだSEO対策として中古ドメインに変える

2019年05月24日

WEBマーケティングやアフィリエイトを運営して、売上や問い合わせなどのコンバージョンを目的にしている場合検索順位上位表示は一つの至上命題です。
新規ドメインでサイト運営を開始すると、開設当初の数週間から数ヶ月程度は、頻繁にコンテンツの更新に取り組んでいても、検索エンジンのクローラーに見つけてもらうことができず、インデックスされない状況が継続することがよくあります。
一説にはエイジングフィルターというアルゴリズムが存在しているとも言われていますが、単純に内部対策が不十分であったりや被リンク数が少ないなどの外部対策などの影響を指摘する見解もあります。
いずれにせよ新規ドメインでは即効性の高い効果的なSEO対策を実践するのが、当初から困難という側面があるのです。

サイト運営をしばらく継続しても検索順位が上がってこない場合は、中古ドメインへの乗換えを検討することも選択肢に入ってくるでしょう。
中古ドメインでリスタートすると言うわけですが、中古ドメインを利用することには具体的にどのようなメリットを期待することが出来るのでしょうか。

まず中古ドメインには、ドメインパワーの影響力が強いものが含まれている点が重要です。
中古ドメインは契約期間切れなどが原因で目下運営を停止しているにすぎません。
過去の一定期間はサイト運営を行いコンテンツを更新したり、被リンクを獲得するなどの運用実績をもっています。
サイト運営期間中には検索エンジンのクロールを受けているので、コンテンツを更新すれば短期間でインデックスしてもらえる可能性が高い訳です。
つまりドメインパワーを獲得していることが珍しくないので、検索エンジンへの影響力も大きく、短期目標達成を実現できるポテンシャルを秘めている場合があるわけです。

当然のことですが、過去にサイト運営の経験を持っているので外部対策や内部対策などのSEO対策も余念なく実践されている可能性もあります。
中古ドメインは過去の検索エンジンからの評価や被リンク数など、過去のサイト運営で生み出された資産を引き継ぐことになるのでドメインパワーも大きく、インタネット検索において大きな影響力を獲得している場合もあるわけです。

WEBマーケティングやアフィリエイトを運営して、売上や問い合わせなどのコンバージョンを目的にしている場合検索順位上位表示は一つの至上命題です。
新規ドメインでサイト運営を開始すると、開設当初の数週間から数ヶ月程度は、頻繁にコンテンツの更新に取り組んでいても、検索エンジンのクローラーに見つけてもらうことができず、インデックスされない状況が継続することがよくあります。
一説にはエイジングフィルターというアルゴリズムが存在しているとも言われていますが、単純に内部対策が不十分であったりや被リンク数が少ないなどの外部対策などの影響を指摘する見解もあります。
いずれにせよ新規ドメインでは即効性の高い効果的なSEO対策を実践するのが、当初から困難という側面があるのです。

サイト運営をしばらく継続しても検索順位が上がってこない場合は、中古ドメインへの乗換えを検討することも選択肢に入ってくるでしょう。
中古ドメインでリスタートすると言うわけですが、中古ドメインを利用することには具体的にどのようなメリットを期待することが出来るのでしょうか。

まず中古ドメインには、ドメインパワーの影響力が強いものが含まれている点が重要です。
中古ドメインは契約期間切れなどが原因で目下運営を停止しているにすぎません。
過去の一定期間はサイト運営を行いコンテンツを更新したり、被リンクを獲得するなどの運用実績をもっています。
サイト運営期間中には検索エンジンのクロールを受けているので、コンテンツを更新すれば短期間でインデックスしてもらえる可能性が高い訳です。
つまりドメインパワーを獲得していることが珍しくないので、検索エンジンへの影響力も大きく、短期目標達成を実現できるポテンシャルを秘めている場合があるわけです。

当然のことですが、過去にサイト運営の経験を持っているので外部対策や内部対策などのSEO対策も余念なく実践されている可能性もあります。
中古ドメインは過去の検索エンジンからの評価や被リンク数など、過去のサイト運営で生み出された資産を引き継ぐことになるのでドメインパワーも大きく、インタネット検索において大きな影響力を獲得している場合もあるわけです。

たしかに新規ドメインであれば、重複しないかぎり自由な文字列を選べるメリットはあります。
しかし、中古ドメインには以下のようなメリットもあります。

既に取得されてしまっている文字列で、その文字列を使いたいと考えている方も多くいます。 SEOに関する部分だけでなく文字列自体に価値を見出されて高値で取引される中古ドメインも存在するからです。 よく携帯電話の番号やナンバープレートなども良い数字などが高値で取引されている話がありますが、それに少し似ています。 ドメインを探している方の中にも、どうしても欲しい文字列や使用したい言葉や文字などが入っているものを求める方も多くいます。 この観点からも、中古ドメインの利用がダメにならないと考えています。

引用元:中古ドメインがSEO対策に良いとされる原理を考察 | SEO対策に「アクセス中古ドメイン」

しかしこと効果的なSEO対策の可能性で言えば中古ドメインは、ドメインパワーや被リンクなど魅力的な側面を有しているのは見逃せない事実です。