• ホーム
  • 一番手堅いSEO対策は被リンクを受ける事

一番手堅いSEO対策は被リンクを受ける事

2019年11月03日

これまで数々のSEO対策方法が実践されてきました。例えばドメインを取得して新たにWEBサイトを立ち上げるときに、新規ドメインで自社名やブランド名などの文字列で構成するのが一般的です。しかしここであえて中古ドメインをSEO対策に焦点をあてて利用する方法があります。

中古ドメインとは、過去の一定時期にはWEBサイトなどの運営がなされていた経緯を持っているものの契約期間満了などの理由で現在稼動していないドメインのことです。中古ドメインは過去にコンテンツを作成したり更新したりした経緯をもっています。ドメインの過去の履歴はそのまま新たなドメイン所有者に引き継がれることになるので、過去の検索エンジンの評価や被リンクなどの財産をそっくりそのまま承継することができる訳です。

仮に優れた運営実績を保有している中古ドメインを購入すれば、サイト立ち上げ初期から、クロールされやすく短期間にインデックスされる可能性も高くなります。ただし中古ドメインがペナルティを受けていた場合の履歴もそのまま引き継ぐので、ハズレの中古ドメインを購入してしまえばいくらSEO対策をしても無意味になる危険性も秘めています。

そこでSEOの外部対策のなかでも、従来から重視されてきた被リンクの数を獲得することの重要性を改めて認識するべきです。確かにペンギンアップデートの結果、被リンクの質も重視されるようになり良質なバックリンクを獲得することが重視されるようになったわけです。低品質やスパム判断されるような被リンクを増やすことは、むしろペナルティの対象にもなりえる行為です。

しかし良質な被リンクを増やすことこそが、自サイトの信頼性や権威性・専門性などを担保する重要な指標である基本原則は揺るぎません。リンクファームやコピーコンテンツで構成されたサイトなどの品質の低いリンクは、ペナルティの対象になりかねないのは事実です。しかしユーザーにとおって抱えている問題点を解決するための有益な情報を認識できれば、それだけ検索ユーザーにとっても役立つことになり満足度も高くなるはずです。

検索ユーザーが被リンクで自発的に拡散したくなるような、コンテンツに対してはGoogleなどの検索エンジンも高く評価し検索順位上位表示も狙えるはずです。従ってアルゴリズムの更新を繰り返しながらも、良質な被リンクを獲得することは、SEOの外部対策において依然重要と考えられているのです。